オススメのニュースアプリ

オススメのニュースアプリ特集です。


Yahoo!ニュース / Yahoo! JAPAN公式無料ニュースアプリ

最新ニュースがすぐ知れる

Yahoo!ニュース / Yahoo! JAPAN公式無料ニュースアプリは、Yahoo!のホームページのニュースのアプリ版です。国内っで起こった出来事や、政治、エンターテイメント、スポーツに関することなど、様々なニュースが掲載されているので、とても役に立ちます。ピックアップされているものを読めば、今話題になっていることを知ることが出来ますし、ニュース内容の更新も頻繁にされているので、会話のネタとしても使えます。新聞だと電車内だと場所をとるので読みにくいですが、Yahoo!ニュース / Yahoo! JAPAN公式無料ニュースアプリをインストールしておけば、通勤や通学のちょっとした時間に、スマホで簡単にニュースをチェックすることが出来るので、とても便利です。ニュース内容も簡潔でわかりやすくまとめてあり、とても読みやすいです。


経済ニュースは日本経済新聞 電子版!厳選された情報をアプリで

経済ニュースをスマートフォンアプリで楽しもう

経済ニュースは日本経済新聞 電子版!厳選された情報をアプリで入手できるこのアプリケーションは人気アプリの一つです。最近ではアベノミクスの影響で、日経平均株価は大幅な値上りを見せています。それに伴い個人投資家も証券会社に口座を開設し、取引を初めています。日本経済新聞は、昔から多くのビジネスマンに愛されてきました。世界経済に関する豊富な情報で信頼されてきた新聞です。最近ではパソコンの進化やスマートフォンの進化で同紙を閲覧する事が可能となりました。忙しいビジネスマンには通勤時間の社内で簡単に情報にアクセスできるのはとても嬉しい事です。日々の情報戦の中で働くビジネスマンにとって、スピーディーに必要な情報にアクセスできるのは大変ありがたい事です。今後も暫くは世界経済が堅調に推移します。日本経済新聞アプリを使って、経済に詳しくなりましょう


NHKネットラジオ らじるらじる

簡単にNHKのラジオが聞けるアプリです。

NHKネットラジオらじるらじるはNHKのラジオ放送をインターネットで聞くことができるアプリです。いつでもどこでも自分の好きなタイミングでラジオを楽しむことができます。操作はとても簡単で、アプリを起動してラジオ第1、ラジオ第2、NHK-FMから聞きたい放送を選ぶだけです。番組内容はもちろん、放送時間、出演者などの詳しい内容もチェックできます。7日間分の番組表も配信されているので、自分でネットや新聞などで探す必要がないのも便利です。番組予約機能もあるので、うっかり忘れて聞き逃すということもありません。また、オフタイマー設定も対応しているので、ラジオを聞きながら寝られます。インターネットでの放送は電波に影響されることがないので、今まで電波が届きにくかった地域でもインターネットが接続できればノイズの少ない安定した音を受信できます。


NewsPicks

経済専門家や著名人のおすすめのニュースを知ることができます

NewsPicksは、「もっと次週な経済誌を」をコンセプトにしているアプリで、ロイターやダイヤモンド・オンライン、現代ビジネスといった主要経済誌約60以上のメディアの記事を専門家によるコメントと合わせてチェックすることができます。各業界の著名人・専門家をフォローすることもできるので、その人がチェックやコメントしている記事をいつでもNewsPicksで開くことができ自分だけのオリジナルの紙面を作成することができます。その他の機能では、業界別に配置されているロボットをフォローすることや独自のアルゴリズム解析やM&A・ベンチャー・流通業界など業界カテゴリ別に関連しているニュースのみを受信することが可能です。ビジネスや就職活動、業界研究・企業研究をしている人の役にも立つアプリで、電車通勤時間などのスキマ時間に楽しめるアプリです。


LINE公式ニュースアプリ / LINE NEWS

ラインユーザー必見のニュースアプリ

ニュースは誰でも目にするものですけれど、今となってはテレビ番組や新聞だけではなく、インターネット上の様々な場所で見かけることのほうが人によってはむしろ多いという時代になりました。若者に大人気なソーシャルネットワークサービスであるラインも実は例外ではなく、LINE公式ニュースアプリ / LINE NEWSで最新の情報を閲覧することができるようになっています。ニュースは自分がもっともよく利用する媒体やサービスと一体化してしまうことが理想ですけれど、普段から頻繁にラインを利用することが多いというユーザーにとってみれば、まさにこのLINE公式ニュースアプリ / LINE NEWSがベストパートナーになってくれます。ニュースは自発的に毎回チェックするよりも、普段自分が目にする機会が多い場所で提供してもらえると非常に助かるのです。