自宅で行う時のポイント

足裏マッサージなどはポイントを掴めば自宅でも簡単に行う事ができます。しかし、ポイントを掴んでいないとタダタダ指が疲れてしまったり、効果が得られなくなります。

今回は自宅で足裏マッサージを行う時のポイントを紹介したいと思います。
 

足裏マッサージのポイント

 

 

足をよく温めておく

体を温めると血行が良くなりマッサージの効果を得られやすくなります。なので足裏マッサージをする時は足を温めておく事が大切です。

足を温めるのが面倒だという方はお風呂上がりに足裏マッサージを行う事をおすすめします。お風呂の温浴効果により体が温まっているので、血行もよくなります。

また、足裏マッサージは手を使うマッサージなので手が温かい事もマッサージする時には良い環境です。
 

指の力だけではなく体重をかける

セルフマッサージを行う時は、指の力だけではなく体を使ってマッサージしましょう。

両手の親指を重ねて力を加えて行います。指の力だけでマッサージをしてしまうと疲れてしまいますので、自分自身の体重を前方に入れて行きましょう。

体の力を利用して指圧する事で無理な力を使わずにマッサージを続ける事ができます。
 

1回のマッサージ時間は10分まで

足裏マッサージはどのぐらい行ったらよいのか迷いますよね。セルフマッサージは毎日続ける人であれば、5分程度でも十分効果があります。

初心者の方は10分程度行ってみましょう。足裏の刺激が一定以上有る事はそれ以上の効果が得られないので、足裏では1回10分程度を目安として毎日継続しましょう。
 

マッサージ後は保湿をしよう

マッサージをした後は、足の裏が柔らかくなっています。乾燥肌の人でも足裏マッサージを繰り返していく事で足裏が柔らかくなるのでその後の保湿を必ず行いましょう。

乾燥肌の人であれば足裏マッサージをした後に必ず保湿クリームを塗る事で足の乾燥を防ぐ事ができます。

乾燥肌の人でなくても力を入れて足裏を指圧するので足裏の肌の保護の為にも保湿クリームなどを利用しましょう。

また、足裏マッサージは両足を同時に行う事ができないので、片方の足を行っている時に先に行った足が冷えてしまわない為にも保湿目的で靴下をはきましょう。
 

足裏マッサージアイテムを購入してOK

 

 
ご自身でマッサージするのがどうしても難しいという方は足裏マッサージアイテムを購入してみましょう。

簡単にできるので毎日継続しやすく、体の健康が維持する事ができます。最初は刺激を与えると痛みを伴う方もいます。あまり力を加えすぎるのも良くないので、無理はせずに刺激していきましょう。